アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ハーブ&ドロシー』[映画]
 今日は、映画『ハーブ&ドロシー』の先行上映を観てきた。
 会場は上野の東京国立博物館。

映画『ハーブ&ドロシー』

 これは、アート・ドキュメンタリーなんだけれど、ちょっと変わったお話である。

 登場するのはハーブ・ヴォーゲルとドロシー・ヴォーゲル。基本的には、ニューヨークに住むごく普通の夫婦である。ハーブは元郵便局員、妻のドロシーは元図書館司書。
 さて、この2人が、なぜドキュメンタリーの被写体となったのかというと、この夫婦が類い稀なアートコレクターだからだ。

 2人とも、もともとはアーティスト志望で、絵を描いていた。自分たちの作品を部屋の壁に飾り生活していた。だが、ある時ふとしたきっかけで、他人の作品を買い、購入した作品を飾って暮らす方が楽しいことに気づく。以来、妻ドロシーの給料で生活し、夫ハーブの給料で、アート作品を買う、という生活が始まった。
 どちらかというと、低所得層の夫婦らしい。しかし、コレクションへの情熱は半端じゃなく、日々ギャラリーやアーティストのスタジオを訪ね歩いては、作品を購入していた。

 コレクションのルールは、ごく単純。
 1. 自分たちのお給料で買える値段であること
 2. 1LDKのアパートに収まるサイズであること

 どんなに無名だろうが関係ない。ただ「欲しい作品か」ということだけで作品を買う。
 そうしてコレクションしていった作家たちの中には、今や売れっ子作家もいるが、当時はまだ無名だった。本当に自分たちの審美眼だけでコレクションしていったのだ。

 そして、ただの1度も売ったことがない。
 利益を目的としたコレクションや売買は一切しない。

 そんなコレクション人生も約30年らしい。
 全米中の美術館がヴォーゲル夫妻のコレクションに注目し始め、日本で暮らす僕らは全然知らなかったが、かなりの数のメディアが取り上げ、アメリカでは名の知られた人たちだったようだ。

 コレクション総数は、4700点以上。
 それらが、ワシントンのナショナル・ギャラリーに寄贈された。


 映画は、そんな夫婦のコレクション生活を描く。ギャラリーを巡る様子や、アトリエを訪問しアーティストと交わす親し気な姿。そして、狭いアパートでの、でも大量すぎるコレクションに囲まれた2人きりの生活。
 美術館やギャラリーの関係者、そして何より、まだ無名で誰も見向きもしなかった時代から作品を買ってもらったアーティストたちへのインタヴューがふんだんに収録されている。

 監督は日本人で、今回が映画デヴューとなる佐々木芽生さん。4年かけて完成した映画だ。

 正直、観る前は「そんなに面白くないかもな〜」なんて思っていたんだけれど、…そんなことは杞憂だった!
 本当に面白かったです。

 2人の人柄が、良く現れた作品。
 有名アーティストの個展のオープニング会場なんかで、みんなが着飾って社交している中、普段着でヨタヨタと入ってきて、会場の椅子に座る小さなふたり。
 そこにね、会場のアーティストやらアート関係者やら、みんな吸い込まれるように挨拶に行くんだよ。

 インタヴューでも、皆が本当にこの2人を慕っているのがよくわかって、なんか微笑ましかった。つい安く売っちゃうらしい(笑)。

 で、会場中が笑っちゃうようなシーンも沢山あって、コメディー要素も豊富。ホントお茶目です。エピソードが笑いになっちゃう。

 でも、僕自身、自分でも意外なことが、終盤くらいから起こった。
 よくわからない、説明のしようのない涙が、込み上げてきたのだ。
 きっと、作品を通して、何か重要なメッセージが見えてきたのかもしれない。特に、僕自身がアーティストだから。
 兎に角、泣かないように堪えるのに、必至だった。
 本当に感動してしまった。

 簡単に言うと、ああいう人がいること、っていうのかな…。これはちょっとまだ言語化できない。

 ネタバレになると、これから見る人がつまらないだろうから、なにがどう笑えたとか、そういうことは一切伏せておいて、こんなところにします。


 兎に角、おすすめです。
 こんなに良い作品は久しぶり。
 上映後は、監督のトークもあって、僕自身も質問させて頂いた。

 でも、出演しているのは日本では有名人でもなく、マイナーな内容だからだろうか、配給会社を見つけるのに、相当な苦労があったらしい。ようやく日本での公開が決まったと。
 宣伝費もなく、広告とかは全く打てないそうなので、こうして先行上映の感想を書くことで、少しでも広める力になれればと思います。

 さて、本公開は、11月13日の渋谷イメージフォーラムを皮切りに、続いて各地でも公開される。


[オフィシャルサイト]


『戦場でワルツを』
写真美術館の後、映画を観るために銀座へ。
予定では、映画の前にもう1つ美術館へ行こうと思っていたのだけれど、映画は美術館と違って上映時間があり待ってくれない。慌てたくないし今日は断念。

シネスイッチ銀座へ。『戦場でワルツを』。
映画『戦場でワルツを』

テーマは戦争で重いけれど、良い映画だった。

まずはこの作品、アニメーションです。僕は、こないだ観た『ライアン・ラーキン』の最初のあたりや、以前観た『ウェイキング・ライフ』を思い出した。

監督のアリ・フォルマン自身が主人公であり、ストーリーも監督自身の実体験である。
19歳で従軍したレバノン戦争の記憶が無いことに気づき、かつての戦友たちを訪ね歩き、自分の失われた記憶を探すという内容。
世界中の旧友たちに話を聞いていくに従い、パズルのピースをはめるように、少しずつ過去の闇の部分が、探していた記憶が、浮き上がってくる。
監督の私的なドキュメンタリーをストーリーとすると同時に、戦争が内側の視線から描かれる。その悲惨さ。

アニメーションという手法が非常に成功していると思った。
雰囲気もそうだけれど。心の深い部分へ降りていく感じ。この映画は、あくまで事実の回想なのだ。

それにしても、25年も経ってから、自分の中から忘れられていた人生のあまりに重い部分を思い出しながら、それを作品にしていくとは、どういう経験なのだろうと思う。
特に、映画をラストまで見て、消えた記憶がなんだったのか知った今となっては、ますますそう思う。

------------------------------------------------
戦場でワルツを』(2008年、イスラエル)
監督:アリ・フォルマン
『ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション』
シェル美術賞を観た後は、六本木へ移動。

シネマート六本木という映画館へ。
僕は全然知らない作家だったのだけれど、お誘いを受けた。
映画『ライアン・ラーキン』

アニメーション作家アイアン・ラーキンの映画。
ライアン・ラーキン(Ryan Larkin)[1943-2007]は、カナダのアニメーション作家。
25歳でアカデミー賞にノミネートされるなど、天才と言われたアニメーション作家なのだけれど、その後突如、あらゆる名声を捨てホームレスとなる。以後、路上で物乞いをして生きた。
4本の短編映画で世界に知られる作家となったのである。
僕も詳しいことは知らないけれど、そういう人らしい。

もう、これは興味をそそられるでしょう。

今回の映画は、そのラーキンについての映画であり、もちろんラーキン自身の作品も出てくるし、ラーキン自身も実際の動画で、またアニメのキャラクターとして登場する。
40分の短い映画だ。

そんな、短い作品だ。でも、出だしから面白かった。
面白かったのだが、面白かったのだが、……加藤画伯気絶(爆)。
ええ、ものすごい睡魔が襲ってきたわけです…。
なので、詳しいレヴューとかはしないでおきます、というかできないです。
いずれDVDとかで見直したい!

かなり夢幻的だった、という印象派鮮明に残っています。


ちなみに、代官山から六本木へ行く途中、渋谷に行きHMVに寄ってみると、何とマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の初回限定版が!!
Amazonで売り切れていて、諦めていただけにまさに驚喜。即buy。
THIS IS IT CD
当然、聴きながらこの記事を書いています。



[メモ]
@シネマート六本木 (六本木)
公開中
『THIS IS IT』
映画『THIS IS IT』

昨日、ついに観たのです。

素晴らしかった…。

なんかもう、言葉で感想云々という感じじゃないです。

涙、涙。
ファンならば、是非。観ないと後悔します。

きっと、もう1回は観に行くので、その時にレヴューとか書けそうだったらすることにしましょう。
『カポーティ』
映画 カポーティ
 『カポーティ
監督:ベネット・ミラー
-------------------------------------------------------------------

久々の映画の記事。
レンタルしてきて観ました。

カポーティはご存知の方も多いかと思いますが、『ティファニーで朝食を』の作者であるトルーマン・カポーティ。アメリカの小説家。
僕は、カポーティ大好きで、一時期固め読みをしていました。

カポーティの最長編作品に『冷血』というのがあるのだけれど、これは実際に1959年に起こった一家惨殺事件を、カポーティが長年にわたり綿密に取材し、様々な関係者と会い、獄中の犯人とも何度も会い、事件の全貌を描いた作品で、これにより「ノンフィクション・ノベル」というジャンルを確立することになった。

この映画は、この『冷血』を巡るカポーティを描いたもの。

単純に面白かったし、『冷血』を読んでから結構時間が経っていたので、映画を見ていると徐々に思い出してきて、改めて読み返したくなった。
カポーティを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンは、これでアカデミー賞主演男優賞を受賞するのだけれど、カポーティの女っぽい仕草とか喋り方とか、常人とは違う感じがよく出ていて楽しめた。

内容は、カポーティを軸に場面が進んでいく。この辺が、あくまで『カポーティ』という映画作品であって『冷血』ではないと思う。
どういうことかというと、小説『冷血』は、犯人たちの心情や、事件後の逃亡中の描写とかが多く、時間軸が交錯しながらその辺の心理描写とかが絶妙だったと思う。

この作品だけ観ると、とても初期の小説とかを書いた人物っていう印象を持てないので、その辺を知らないと、カポーティの1面しか見られないような気が。

でも、良い作品だと思いました。

それにしても、本当に興味深い人物だよなぁ。
なんか持っているよね、彼は。複雑なんだけど、ナイーヴで、それでいて強い。
ちなみに僕は、『遠い声 遠い部屋』が1番好き。
書評もたまっているので、そのうちカポーティ作品についても書きたいです。
『≒草間彌生 わたし大好き』
≒草間彌生 わたし大好き
(2008年 日本 100分)
監督:松本貴子 出演:草間彌生
-----------------------------------------------------------------------
映画『≒草間彌生 わたし大好き』

渋谷のライズXへ。草間彌生のトキュメンタリー映画を観る。
映画館が、見辛さ満点のライズXなのが残念だったけれど、まぁ仕方がない。

草間彌生(くさまやよい)[1929-]は、画家、彫刻家。前衛芸術家、という肩書きで紹介されることが多いし、本人もそう望んでいるようだ。
1950年代後半にニューヨークへ渡り、大きなキャンバスに網をひたすら描いた作品で有名になった。その後、反戦を訴えるため、戦争するならセックスしろ、とのメッセージを込めた路上での乱交「ハプニング」などにより、押しも押されぬアーティストとなる。ウォーホルなどとも交流があり、彼にアイディアを盗まれた、という話は有名。
小説も書き、芥川賞候補になったことも。
沢山の水玉や、男根を表した無数のソフト・スカルプチャー(柔らかい彫刻)などが有名なアーティスト。人気者なので、少なからず作品を見たことがあるのではないでしょうか?
基本的に、無限の如く反復されるモチーフたちは、オブセッション(強迫観念)を克服する手段である。つまり、自分にとって恐ろしいものを、あえて自ら繰り返し創り出すことによって、その中に消滅させ、恐怖を消す、という動機からなのである。
視界に水玉が見えてしまう妄想などに悩まされ続けた草間の表現はそうして生まれた。

他にも色々とあるのですが、映画について書けなくなってしまう(苦笑)。またの機会に譲りましょう。


映画は酔ってしまうような手ブレなんかがリアルで(笑)、下手にアーティスティックに撮ったり演出したりしていたいところに好感を持った。
それ故に、「生」の感じがして、これだけ長時間草間彌生の創作や生活に密着した映像を見ることは興味深かった。

油性マジックでガンガン描いていく姿は新鮮で、溢れてくる線は見ていて面白い。

揺るぎない自分への信頼。そして、自信。
そう…、それが無いとアーティストなんてやっていけない。

韓国海苔、僕も大好き(本編を見れば分かります)。



こうして、濃密な日を過ごし、それを肴に酒を飲んだのでした。
『カフカ 田舎医者』
映画 田舎医者
カフカ 田舎医者
(2007年 日本 20分くらいだったかな)
監督:山村浩二
------------------------------------------------------------------

そして銀座へ行き、居酒屋へ潜る。
いやはや、最近お酒を飲んでなかったせいか、まわるまわる(苦笑)。
もういっかー、的な気分にもなってくるが、次がメインなので行かなきゃだ。ということで、店を出て有楽町駅の方へ歩き、映画館「シネカノン有楽町2丁目」へ。
アニメーション映画『カフカ 田舎医者』を観るのである。
1日1回レイトショーしかなのだっ。

さてさて、カフカとはもちろんあのフランツ・カフカ。ドイツの小説家ですね。
僕は、『変身』『城』は読んだけれど、『田舎医者』って読んだ事ない。でもカフカだ。一体カフカの作品をどうやってアニメにしたんだ。そんな馬鹿な。どういうことだー。
ということで、興味津々で観た。

いやはや。原作を読んでないので比較とかそういったことはできないけれど、カフカ作品のあのわけのわからない迷宮っぷりはバッチリでした。
そして、アニメーション特有の表現によって、不思議さというか、ミステリアスな怖さが演出されていた。

吹雪の天候や夜の様子など、『城』っぽい世界観の印象を受ける。
もはや把握できないというか、そもそも把握する事が可能なのかというあの世界を、山村タッチで描いている。
有無を言わさぬ設定や、意味不明の現象も、そこはカフカ。どういうわけか、人間の真理に突き刺さってくるのだ。
今書いてて思ったのだが、カフカ作品って、もう言語とかそういうことではなくて、もっと人間の底の方にある何かうごめいているものが、実はそこにはあるのではないか。

この作品自体は短いのだが、上映自体は1時間くらいあり、山村作品が数本上映される。知る人ぞ知る『頭山』ももちろん。カフカファンも山村ファンも、観て損はないでしょう。

ただ、酒も入り、お腹もふくれ、UTさんは頭山の途中で一瞬zzz...(笑)。
マグナムに続きまたしても…(笑)。


そんな感じで昨日はアクティヴに過ごし、でも今日24日は、バッチリ朝からバイトだったぜ!イェイ!
バイト帰りの電車が異常に空いてました。

でも、最近晴れが多い。冬の冷たい空気を通して見る青空好きだ。
朝、バイトのお店に入る前、外で煙草を1本吸っている時に顔を上げると、ビルに切り取られた空が見える。何故かその場所から見る青も好きだ。
寒さが空に凍みる。
こないだは、地元の駅のホームから、富士山が見えた。


---栗坊さんの記事にTB---


[メモ]
カフカ 田舎医者
シネカノン有楽町2丁目 (有楽町)
レイトショーで上映中
『マグナム・フォト 世界を変える写真家たち』
映画 マグナム・フォト 世界を変える写真家たち
MAGNUM PHOTOS マグナム・フォト 世界を変える写真家たち
(1999年 ドイツ 89分)
監督:ライナー・ホルツマー 出演:マグナムのみなさん
--------------------------------------------------------------------

もう年内は(金欠だから)展覧会とか行かないぞ。と思っていたのだけれど、Fさんからお誘いを受け、昨日は色々行ってきました。

新宿で待ち合わせ、恵比寿の東京都写真美術館へ。
マグナムのドキュメンタリーを見る。

マグナム・フォト」とは、ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京に組織を置く集団写真家集団。多くの有名写真家が在籍。
もともとは、写真家の権利を守り、自由に活動するために、ロバート・キャパ(Robert Capa)、アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson)、ジョージ・ロジャー(George Rodger)、デヴィッド・シーモア(David Seymour)、らが1947年に創設。
以来、フォト・ジャーナリズムの第一線集団として、世界に名を轟かせ、現在ももちろんマグナムブランドは健在。20世紀の重要な場面、重要な人物を、本当に数多く撮影し、世界へと伝えてきた。

そんなマグナムの、現在を映したドキュメンタリー。今は約50人の会員がいるが、そのうちの何人かにインタビューしたり、実際の撮影現場に密着したりした映画。
そういった意味で、とても興味深いものです。

候補生→準会員→会員、というステップを経て、会員になるんだぁ。年に1回、全会員が集って周回が行われ、そこで会員希望者から送られてきた作品を見て、無記名投票によって新しい会員が選出される、ということも初めて知った。

やっぱりキャパブレッソン、が好きだけれど、現在の会員が何を考えているかとかが、本人の口から語られたりする。
それぞれがそれぞれの考えを持っていて、なんというか意外な感じを受けるところもあり、現在のマグナムをチラリと見れる。

撮影に同行している場面も多くあるのだけれど、各自本当に自由に足を運んで、自由にシャッターを切って。写真が好きなんだなぁ、という1番大切なところが見れて良かった。生活の延長に仕事がある感じを受けて、素敵だなと思った。

UTさんは、途中でちょっぴり居眠りしちゃったけど(笑)。



[メモ]
MAGNUM PHOTOS マグナム・フォト 世界を変える写真家たち
東京都写真美術館 (恵比寿)
2008年1月18日まで
以後、名古屋、大阪で上映。
『アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家』
映画『ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家』
アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家
監督:ハインツ・バトラー
--------------------------------------------------------------------

ジャコメッティのドキュメンタリーDVDが発売された!
監督は、『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』のハインツ・バトラー。
Amazonで26%OFFだったので、即予約して買ってしまった。

以前、展覧会の記事を書いたように、ジャコメッティ・ファンの僕としてはとても嬉しい出来事。

それだけに、内容は少しがっかり、だったかなぁ。
ジャコメッティより、周囲の人々の回想インタビューが多くて。まぁしようがないのだけれど。
でも、それでも、ジャコメッティの深い言葉の数々、そして貴重な制作シーンなども収録されているので、楽しめました。
周囲の人の証言にしても、なかなかぶっ飛んでて興味深いエピソードがあったりして、それもそれでジャコメッティを知れて面白かった。

特典映像で20分くらい、美術評論家ジェイムズ・ロードが語るジャコメッティのバイオグラフィが収録されていて、これはなかなか良かったです。

どうして作品が細長いのか、小さいのか、ジャコメッティ自身が語っていたりして、なかなか貴重な1本。
ワンコイン・ゾラ
ゾラの生涯 ワンコイン・ゾラ
以前にも紹介した、『ゾラの生涯』のDVDを500円でゲット(買値は499円だった気がする)♪
何気なく店頭を見ていたら発見したのである。安いっ!!

内容は以前のレヴューを

そのうちワインでも飲みながら観たいと思います。


ゾラもまだまだ読むものがあるなぁ。