アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

可能無限
ぬあっ!

勉強が足りないっ!!
お厚い本の世界へ……
本が読みたい。
オラ、本が読みたいです。

でも、どうもここ最近集中力がなくてなのか、読む本といえば画集とかになってしまいます。
無意識にヒントを探しているのかもしれないけれど。

どうも、小説や文芸書が…(苦笑)。

だから、流石に最近は若干購入ペースを緩めて。
じゃないと半地下の底が抜けて、「半」じゃなくて「真性」の地下になってしまう(The 大げさ)。


あ、読んだ本はいくらかたまってます。
鬼私的読書感想文を最近書いてないけれど、突然ぽつぽつっとあげるかもしれないです。



passion
情熱がなければ、
人は単なる潜在力と可能性にすぎない。

--アンリ・フレデリック・アミエル--




再び、如是我聞
意志に反した手段で幸福な身分になるよりも、
意志の趣くままに自由に生きたい。

--トマス・モア『ユートピア』--




如是我聞
無冠の天才でいいじゃないか。




12分の1
あとは明日で、1月も終わる。
まだ1日あるけど、ちょっと振り返ってみると…、

今月は1度も友達と会ってない。交友率0%に終わるのは間違いないっぽい。

まぁ、僕の場合、毎月誰かと会ったりする回数は、アベレージで1回、多くて2回だろうか。
そういえばケータイも、もはや緊急連絡装置で、メールなんてほとんどしないなぁ。まして、通話なんて。
そんな素敵な大学生。どうなのよ?


まだ1月と思えば1月。でも、あと11回これを繰り返したら、今年も終わるのねー。そう思うと早かったり。

最初から飛ばしたりせずに、徐々に頑張ってこう、と言う人もいるけれど、本気で何かを生み出そうと、残そうとしている今、やはりそんなことは言ってられないと思う。
1年後も必ず生きているだろう、という愚かしい感覚をそろそろ捨てたい。
N先生は「意識はもうプロだからね」と言う。「眠くなったり疲れていても、目が開いている、手が動く、じゃあ描こう」という気持ちでいなさい、とのことだ。

ぐーたららーだから難しいけど頑張ろう。




描いております
昨日いいと思っていたものが、今日はダメに思えてみたり。

でもそれは、進歩と妥協無き精神と思いたい。

描くというよりも表す。

もっと「月」を感じさせること。