アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『金刀比羅宮 書院の美』展 | main | 上野から、そして >>
『歌川広重《名所江戸百景》のすべて』展
展覧会『歌川広重《名所江戸百景》のすべて』

歌川広重(初代:1797-1858)は浮世絵師。《東海道五十三次》で有名だと思います。
日本の浮世絵といえば、フランスの画家たちに影響を与えたのはよく知られた話ですね。そもそも日本では、たいして価値のあるものではありませんでした。というか、ヨーロッパへの輸出用品の包み紙だったのです。今でいう、チラシでしょうか。それを、向こうの人たちが、輸出品の中身より、梱包していた浮世絵に興味を持ったわけで、広がっていったのです。
そうして、ゴッホやゴーギャンなどに強い影響を与えたのは周知の通り。例えば、画面をナナメに突っ切る木などの構図。画面ふちで人物が断ち切られていたり。雨を線で表現する、ということもヨーロッパにはないことでした。

そんな浮世絵で有名な広重の《名所江戸百景》が、偶然金刀比羅宮展の隣でやっていたので、ついでに観たわけです。

《名所江戸百景》は初代広重が118点、2代目が目録を含む2点を制作、計120点。
その全てが、順番に展示されている。

ヨーロッパで衝撃を与えた、と書きましたが、今観てもやっぱり面白い。
なんとユーモラスな構図。
人物の入れ方など、大胆で。

視線がいいです。のほほんと楽しみたい。

さらりと観ました。


--栗坊さんの記事にTB--



[メモ]
芸大コレクション展 歌川広重《名所江戸百景》のすべて
東京藝術大学大学美術館 (上野)
9月9日まで
スポンサーサイト
COMMENT: 僕は、金刀比羅宮の襖絵をさらりと見て、こちらをじっくり鑑賞してきました。
帰りに国立博物館へ行ったら、何枚か同じ絵が展示されてましたが、国立博物館にある方が色が美しかったですねえ。まあ、120枚一度に見られたのは、感激でしたが。
栗坊 | 2007/07/16 19:17
COMMENT: ◆栗坊さん
きっと、こっちも時間をかけて観られるのだろうな・・・、などと美術館の中で考えていました(笑)。
馬のトリミングの仕方とか、ひたすら大胆なセンスで面白かった。

やはりあれだけ並ぶと、観てて気持ちがいいですよね。
UT | 2007/07/18 20:16
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/568
TRACKBACK
金刀比羅宮展を見るとこちらも無料で観覧できるのだけど、実は、こちらが目的だったの。広重の『名所江戸百景』120枚が全て一同に介すというのは、僕は初めての経験。もう一枚一枚すべて凝視させていただいたよ。 毎度のことながら、よく知っている東京の場所なのだけど、も
歌川広重《名所江戸百景》のすべて @東京藝術大学大学美術館 | 栗ッピング (毬栗日記、棘あります) | 2007/07/16 19:12