アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『いのちの宿るところ』展 | main | 『フィラデルフィア美術館展』 >>
『ムンク展』
展覧会『ムンク展』

一年以上前から楽しみにしていた展覧会。
ついに…ついに…。

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)[1863-1944]はノルウェーの画家。
以前の《叫び》の記事からムンクについて引用すると、
軍医の息子として生まれる。
4歳のとき母が死去、姉のソフィエが15歳で死去、弟は30歳で死亡、父はムンクが29歳のときに死亡、妹のラウラは発狂して精神病院に。
唯一健康だったのが、1番下の妹インゲル。このインゲルは、ムンクの絵のモデルとして、良く登場する。
ムンクは、自分についてこう言っている。
「病・狂気・死、それらは私のゆりかごに付き添う天使だった」

ノルウェーは当時、遅れた文化都市だった。
ムンクが故郷で評価されるのは1908年(45歳)の時。いかにノルウェーが遅れていて、ムンクが進んでいたか。
ちなみに、ムンクを1番初めに評価したのは、作家のイプセン
他にもストリンドベリに擁護されたりする。マラルメの火曜会にも出席しました。


今回の展覧会は、作品単体を鑑賞するというよりも、複数の作品の全体を通して、ムンクの「装飾性」を見てみようという企画のようだ。
ムンクには「生命のフリーズ」に代表される、フリーズという作品群がある。
展示では、
第1章は、「生命のフリーズ」。
第2章は、アクセル・ハイベルク邸の装飾。
第3章は、リンデ家の子供部屋用に依頼された「リンデ・フリーズ」。
第4章は、ベルリン小劇場のための「ラインハルト・フリーズ」。
第5章は、オスロ大学講堂の壁画。
第6章は、フレイア・チョコレート工場社員食堂用の「フレイア・フリーズ」。
第7章は、オスロ市庁舎のための壁画「労働者フリーズ」。
をそれぞれ見ていくこととなる。

さて「フリーズ」とは、建築における帯状の装飾の事を指す。
つまり、ムンクは自作を横に帯状にならべて、全体として一つの調和を生むようにしていた。それが上記の作品群だ。
実際、ムンクは自分のアトリエや友人のアトリエに、展示を考えて横にずらっと作品を並べている。その様子の写真も多数展示してあったが、大変興味深かった。

この展覧会の素晴らしい所は、そのムンクのプランを、展示室に再現し作品を陳列しているところである。どの部屋も、横に連なるムンク作品…。


さて、期待に胸を膨らませ、入場したUTさん。

まずは「生命のフリーズ」が並ぶ第1室。

………やられた。

部屋を見渡した瞬間からだった。
あまりの素晴らしさにゾクゾクし、頭がボォーっとしてくるなか、横に連なる作品を見回していた。

気絶しそうだった。
それぐらい、感銘を受けた。

僕の感想や解説など書かなくていいんではないかと思ってしまう。
おススメです。なんて言うよりも、見なきゃ死ねないですよ。と言いたい。

なんなんだろう、あの空間は。
期待が裏切られなくて、本当に良かったと思う。

会期が始まったばかりのせいか、ムンクにしてはとても空いていて、いくらでも鑑賞できる。なんたる贅沢!!

会場で一度死んで、甦った気がします。
度々言っていることですが、重大なヒントを得た気がするのです。



[メモ]
ムンク展
国立西洋美術館 (上野)
2008年1月6日まで

巡回:
→兵庫県立美術館
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/601
TRACKBACK
大好きな画家ムンクの展覧会。これも平日ゆっくり見たかったのだ。 17年前に出光美術館で開催されたムンク展。その時に見た作品も多く、旧友に再会するような思いだ。ただ、今回、前回は来ていた「叫び」や「思春期」は来ていなかった。まあ、「叫び」は盗難にあったからね。
ムンク展 @国立西洋美術館 | 栗ッピング (毬栗日記、棘あります) | 2007/10/25 21:37