アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 作品完成 | main | 前半終了 >>
スタート!!
個展DM 微睡みの自我風景1天気は快晴。
いよいよ、この日が来ました。
本日より個展スタートです。

ギャラリーには16点あります。表に展示してあるのは14点です。
作品は良いです。
新しい試みもあり、楽しんでもらえると思います。
直接向かい合って感じるものを、是非体験していただきたい。


個展DM 微睡みの自我風景2また、芳名帳の横には、文章が掲示してあります。
N先生こと、美術評論家の中村隆夫先生が文章を寄せてくれました。
詩です。
論文調で書くと、僕の絵を変に限定してしまいそうだから、とのことでそのような文章になったそうです。
見事に僕の作品をとらえ、様々な要素を含んだ素晴らしい文章です。こちらもご高覧下さい。

ちょっと早めに行って、作品リストを貼ったり、キャプションのことやったりします。
会場にいるので、声をかけてくださーい♪

1週間の聖域。
それぞれの「自我風景」への旅を楽しんでくれることを…。
奇跡を観てくれっ!!
スポンサーサイト
COMMENT: うわー♪ ついに開催ですか!!
いいなぁいいなぁ、なんだかお話しを聞いてると今までにも増して、力作がたくさん
展示されているようですね!!
一週間の聖域・・・こんな風に自分の最大限の表現をたくさんの人に見て貰えるって、
すっごくすっごく素晴らしいことですね!!!
決して普通に出来ることではなく、ごく一部の選ばれた人だけがその権利を得るわけで。
いやー本当に。羨ましいことです(^-^*
asumi1727 | 2008/02/04 11:01
COMMENT: 個展の開催、おめでとうございます(こういう挨拶でいいのでしょうか?笑)

土日にかけて関東地方は大雪のようでしたが
月曜には、無事 晴れたのですね。 よかったです。

1週間の聖域。
作家さんの手を離れた作品たちが、作家さんの見守るもとで
鑑賞者の方々それぞれの「自我風景」へ誘ってくれるんですね。
すてきな空間ですね。
重ねがさね、伺えないことが残念でたまりません(苦笑)

UTさんにとっても来場の皆様にとっても、素晴らしい1週間になりますように。
(毎日 在廊なさるとのこと、くれぐれもお身体 ご自愛くださいね)
nadja | 2008/02/05 16:24
COMMENT: ◆asumi1727さん
大好評開催中!!と自分で言ってみます(笑)。
ついについにですよ。
3度目であっても、慣れはありませんね。毎回ドキドキです。

すごく色んな人が来てくれて、好評いただいています。
本当にね、なんというか、この場じゃないと分からない質感ってあるじゃないですか。それを逃してほしくなーい!という具合です。

秋口、お会いできるといいですね。そして、その時は、更にパワーアップした作品を見せれるといいなぁと思っています。

ありがとうございます♪
UT | 2008/02/08 00:41
COMMENT: ◆nadjaさん
ありがとうございます。それでバッチリですよ(笑)。

日曜は酷かったです。でも、搬入の土曜と、初日の月曜は大丈夫だったので、何よりでした。
問題は水曜だったなー。

そうです。本当に、作品を前にしないと分からないリアリティや感触というのは確実に存在すると思います。それを旅して欲しいですね。
僕も観ていただけなくて残念です。
でも、僕は今後も発表し続けるので、是非いらして下さい。

気を遣っていただいてありがとうございます。
人が途切れたときはまったりと裏で読書したりしています。
UT | 2008/02/08 00:45
COMMENT: 親不知を抜いていたら行けなくなってしまいました。痛くて死ぬってばさ!
 最終日もまったく行ける気配はありませんががんばってください。
masaki | 2008/02/08 23:45
COMMENT: ◆masakiさん
なんとっ!
親知らずめっ!
憎いヤツめっ!
最終日はRing太郎氏が現れて、フィーバーしてました。
UT | 2008/02/11 01:58
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/651
TRACKBACK
Doblog仲間のUTさんこと加藤雄太さんの個展に足を運んだ。以前、京橋のギャラリーで開催された時も出かけたので顔見知り。 彼の作品のモチーフになっているのは、丘の上に建つ家と空だ。シンプルな構成と少ない色使いの中で心の風景を描いている。 今回、際立って印象的だ
加藤雄太 展 −微睡みの自我風景− @銀座ガレリア・グラフィかbis | 栗ッピング (毬栗日記、棘あります) | 2008/02/09 21:24