アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ◇7月の掲示板のふり◇ | main | 画材購入Day >>
『ゴーギャン展』
今年は、僕の絵画のトップ2人である、ロスコとゴーギャンの展覧会があり、本当に嬉しい。
そして、いよいよ本日から、ゴーギャン展が始まった。

そして、実は僕は、昨夜開かれた、レセプションである内覧会へ行き、一般公開に先駆け展覧会を堪能してきました。

招待状は、2名入れるとのことで、リンタロさんと池袋で待ち合わせ、竹橋の国立近代美術館へ。リンタロさんは、蝶ネクタイで現れるという素敵っぷり。
美術館のレセプションなんて初めてなので、全くどういうものか想像がつかない。受付開始まで駅のカフェで過ごし、いざ美術館へ。

展覧会『ゴーギャン展』

着いてみると、けっこうな人出で混雑。
ロビーで開会式を行い、いざ入場。最初こそ、まとめて入るので、すごい混み具合だったが、人が流れると、ゆっくりと鑑賞することができた。

ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)[1848-1903]は、フランスの画家。一般にポスト印象派の画家とされるが、象徴主義に分類するのが最近の主流である。
見習い水夫などを経験した後、株式仲買人として勤め、妻子も得るが、35歳の時に画家になる決意をし、会社を辞め、妻子と離れ、画業に専念する。
文明社会に強い嫌悪を持っており、文明に侵されていない世界をお求めタヒチにも2度行く。地上の楽園を求めさすらったが、ついに見つけられずに没した。

さて、約50点のゴーギャン作品のみで構成された展覧会は、ちょうどいい点数だし、全てゴーギャンとあって、本当に贅沢な空間。
作品は、大体時系列に並んでおり、ゴーギャンの変遷を追いながら鑑賞できる。

そして、今回の目玉は何と言っても初来日である《我々はどこから来たのか?我々は何者か?我々はどこへ行くのか?》だ。ゴーギャンが遺書として描いた大作である。
1つの展示室がこの作品のみに使われていた。

足を踏み入れる。
感動の対面。
どうしても観たかった絵画のうちの1つ…、いやもしかしたら1番観たかった作品かもしれない。
言葉を失い、じっと見入り、しばし立ち尽くす。

これが芸術か。

ふと後ろの壁には、この作品に関係するゴーギャンの手紙の文章が3つほど書かれていた。
それを読んだ瞬間、涙が込み上げた。
美術館で泣く程の感動を受けたのは、いつぶりだろう。

画集などで、なんども見ている作品だが、目の前のその実作は、多くのことを僕に語りかけてきた。
意味深なタイトルもさることながら、その作品は深い深い森のようだった。

これ以外の作品も、非常に良かったというのが、また素晴らしい。
良質な作品が沢山あったのだ。

鑑賞して思ったのは、一瞬のうちに尽くされる、という感じだろうか。
瞬間的に、言葉や感想を飛び越えて、迫ってくる。
あと、例えば、作品を鑑賞して、観ていれば自分なりの解釈とか感動とか、その作品を受け止めていくわけだけれど、ゴーギャンの作品に関して今回痛烈に感じたのは、ゴーギャンは理解を許さない、ということ。消化しきらせない、と言えば良いだろうか。
見ていると、ぐぐぐっと迫って来て、自分の中に取り込もうと思うんだけれど、かならず溢れてこぼれていく部分があるように思う。
ゴーギャンは、簡単にその全貌を理解させず、絶えずうごめき、「わかった!」なんて言わせてくれないのだ。
とてつもなく巨大な未知の現象に対峙している印象を持った。

しかし、本当に美しい色彩。どこまでも深い画面。
そして、圧倒的な強度。

久々に感動した、オススメの展覧会です。



展示室を出て、ロビーに戻ると、ワインやら軽食がわんさかとある。
ここぞとばかりに、我々2人組は貧乏根性で夕飯の勢いで食べ、再び展示室へ戻り、鑑賞。
そんなことを繰り返し、会場を後にして、池袋へ戻る。

居酒屋で、もうお腹はいっぱいだから(笑)、飲みながらリンタロさんと感想を語り合う。

彼も、やはり泣いていたらしい。帰り道、駅へ向かう途中、込み上げたそうだ。
曰く「感動できる人間で良かった」

リンリン 200907
 ↑ゴーギャン展のレセプション会場で、唯一蝶ネクタイだったリンタロ氏。

展示の感想から始まり、多くの深いトピックを、熱く語り合う。
本気で向き合って話す、至福の時。
魂が高揚する。

今日見たものは、一体なんだったのか。

僕はどうしたいのか。

心洗われ、ヴィジョンが明確になる、良い酒宴だった。



[メモ]
9月23日まで
スポンサーサイト
こんばんは。

私も名古屋ボストン美術館で5月26日に観ました。
この美術館が開館してから10年経ちますが、どうも好みの企画が無くて今回初めて行きました。

とても良かったです\(^O^)/
http://nmzk.blog.so-net.ne.jp/2009-05-26-1

nmzk | 2009/07/04 21:37
◆nmzkさん

訪ねてきて下さって、ありがとうございます♪
Doblog時代から、存じ上げております!

本当に良かったですよね。共感してもらえる反応があってよかった(笑)。
東京に巡回しないなら、名古屋まで攻めるつもりでした。
Yuta | 2009/07/07 11:19
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/769
TRACKBACK