アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [告知] 美術鑑賞講座 | main | ◇11月の掲示板のような◇ >>
『バーネット・ニューマン』展
 今日は、ものすごく楽しみにしていた展覧会へ行ってきた。
 会場は千葉県佐倉市の川村記念美術館なのだが、やはりこれは行くしかないと重い腰を上げる。

 『バーネット・ニューマン』展。
展覧会『バーネット・ニューマン』展

 バーネット・ニューマン(Barnett Newman)[1905-1970]は、アメリカの画家。ニューヨーク出身であるが、両親はロシア領ポーランドから移住してきたユダヤ系移民であった。所謂、抽象表現主義を代表する画家の1人。

 いやぁ、僕はニューマン好きなんですよ。
 久々の川村記念美術館。前回来たのは…、3月のロスコ展か。
 大好きなロスコ作品の部屋「ロスコ・ルーム」もあるこの川村記念美術館。常設に「ニューマン・ルーム」があるのは皆さんご存知でしょう。ニューマン・ルームは、ニューマンの《アンナの光》1点のみの為の大きな展示室。その空間は体験するに値します。
 しかし、今回はニューマンの展覧会のため、ニューマン・ルームは閉鎖されていて、《アンナの光》は企画展示室に移動されていました。

 ちょうど正午頃に美術館に着き、ほぼ貸し切り状態の館内へ。所蔵品はさらっと観て、ニューマン展会場へ。

 第1室。
 作品1点のみの暗い部屋。
 入った瞬間、雷に打たれたような衝撃。それぐらい、良い作品があった。

 《存在せよ 鵯》

 赤い画面の中央に、白い縦の線があるだけの作品なんだけれども……すごい。
 いつまでも視ていても、尽きることなく迫ってくる深さ。
 白い縦の細い線がもつ無限の言葉。

 ちなみに、ニューマン作品に特徴的なこの縦に走る線(色面)は、「ジップ」と呼ばれている。ファスナーのジッパーから来た言葉だけれど、これは彼の多くの作品に見られる表現。1948年、《Onement》という作品でこの表現に到達し、新時代を切り開いた。

 そして、もう1つニューマン作品についての大事なことは「崇高さ」である。
 ニューマンの言う「崇高さ」は、ヨーロッパ的な美とは別のもの。むしろ、そういったヨーロッパ的な美や伝統から離れ、解放されることで到達するものだと言っている。

 その後も連作の版画や、勿論始めて見るペインティングなどが続き、意外なことに立体が1つあった。
 《ここ 鵺》という作品。
 3本の錆びた鉄(?)が垂直に立っているだけの作品。
 初めは何となく見ていたが、この垂直が生み出す上空への力と、何より、キリストの磔刑が見えた時、得も言われぬ崇高さが現れた。

 その後は、ニューマン・ルームから移動している、最晩年にして最大の大きさである《アンナの光》が、1室を堂々と占拠。
 久々に見るこの作品、やっぱり良いなぁ。
 高さは3メートル近く。幅は6メートル強。
 作品の前に立ち、真っ赤な画面を見つめる。
 すると、タイトルに「光」とあるように、不思議と作品から光が感じられてきて、溢れ、迫ってくる。
 視界はニューマンの作り出した光だけで埋め尽くされた。

 最初の展示室の背面にこう書いてあった。
-------------
ここに展示した絵画は「抽象」ではありません。「純粋」思考を描いたのとも違います。特定の個別的な感情を形にしたもの、体験されるべきもの、感情そのものの絵画なのです。暗示的な描写など何もありません。抑制された苦悩(パッション)に満たされ、個々の凝縮したイメージとして痛切さが滲み出てくるのです。 ――1950年、最初の個展における声明
-------------

 ニューマンの作品は、場を表出する。つまり、作品の前に立つと、私は確かにそこにいる、という感覚を持つ。
 そして、圧倒的な孤独を感じ、自分は他の誰でもない自分であり、誰とも繋がっていないことを確認して、しかし、他の誰とも繋がっていることを感じて欲しい、とニューマンは考えたらしい。



 そして、ロスコ・ルーム。前回はロスコ展でロスコ・ルームが閉鎖され移動していたので、久々にロスコ・ルームで作品を見た。
 やはり、この調整された薄暗い部屋で見ないと!!
 この部屋にゆったりといて、ロスコ作品に囲まれるという、なんという至福。
 何度見ても、初めて見たような新鮮さを受ける。

 ニューマンにしても、ロスコにしても、圧倒的な強度。それを今回改めて確認し、思い知った。
 どうしようもない、絶対的な存在感。
 そして、スケール感。
 気づいたんだ。サイズは測るものだが、スケールは感じるものだと。


 おすすめです。


 ちなみに、今回は、東京駅から高速バスで行ってきました。直通便が始まったのです。
川村記念美術館 高速バス
 ↑所蔵品(!)のレンブラント作品がプリントされている。
 皆、存在をしらないのか、ガラガラだった。グッと川村記念美術館が行き易くなりましたね。
 上りと下りが、1日に各1本の運行なので、帰りは時間が空くから、いつもどおり送迎バスと電車で帰ってきた。

 それにしても天気に恵まれた。
 美術館の広大な敷地。
川村記念美術館 庭

 鳥さんが沢山いたよ。
川村記念美術館 鳥1

川村記念美術館 鳥2



[メモ]
川村記念美術館 (千葉県佐倉市)
12月12日まで
スポンサーサイト
《アンナの光》は理由がわからないけどすきな作品です。
ロスコもすごくすきとは言い難いけど惹かれます。
抽象は苦手です、よくわかりません、と言って
はぐらかしてますが、意外とすきな理由が自分ではわかりません。
なにが凄いのかもわかりません。
でもすきなものはすき、でいいのかな・・・
| 2010/10/28 00:47
◆翠さん

意外ですね。抽象がツボなのだと思っていました。

そう、いいんだと思います。
好きなものは好き。良いものは良い。で。

ピカソがこんなニュアンスのことを言っています。
人は、鳥の歌声を愛し、花を見て美しいと愛するのに、なぜ絵画はただ愛する前に理解しようとするのか。と。
Yuta | 2010/10/28 01:47
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/912
TRACKBACK