アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 地震後に仙台へ帰ったときの画像 | main | 復活 >>
『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』
 さて、久々に展覧会の記事を書こう!
 今日行きたてほやほやの展覧会から。

展覧会『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』
 国立新美術館にて開催中の『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』。

 印象派の展覧会なんて、あちこちで度々行われるので珍しくもないし、でも日本人は印象派大好きだし、毎回盛況となるものだ。
 だからこそ逆に質の高い展覧会はあまり無い。

 今回の展覧会は、ナショナル・ギャラリーの西館の大規模改修に伴い実現したもの。
 元々コレクションの質が高いのは周知の通り。そして、そういった質の高い作品が多く来ているようなので期待していた。

 展示室に入り、作品を見回すと、期待を裏切らない展示!
 いやー、良かったよ!

 クールベ、ブータン、マネなどから始まり、ピサロやモネやドガ、そしてセザンヌ、ゴーギャンゴッホ、などなどと印象派とその前後周辺の作品群から構成されているのだが、これが貸し出しケチってない感じの良質な作品に溢れていて、ホント見応えがある。

 なんでも、ナショナル・ギャラリーには「常設コレクション」が設定されていて、それらは1度に12点までしか貸し出しされないという決まりがあるらしい。そして、今回その常設コレクションから9点がこの六本木に集結している。

 また、版画などの紙媒体の作品のみの展示室があったのだけれど、ナショナル・ギャラリーの紙媒体作品は、各作品計15回までしか貸し出し出来ないらしいのだが、そのうちの貴重な1回が今回ということになる。

 まあ、そういうマニアックなことはさておき、本当に良い作品が多かった。
 その中でも特に、マネとモネとセザンヌが良かったな〜。やっぱ、偉大だ、彼らは。

 展示もゆったりと配置されていて観易く、しかも比較的空いていてじっくりと観ることができた。

 ちなみに、ナショナル・ギャラリーは National とは言っても国立じゃないよ。あくまで名称。日本の電機メーカーのナショナルみたいな感覚。
 市民の寄付によって出来た美術館。それが National Gallery なのです。日本でも一時期「小さな政府」なんて言葉が聞かれたけれど、こういうことが成立するアメリカ合衆国って国は、本当の意味で「小さな政府」って言葉が意味を持てる国なのだろうと思います。

 昔からこのブログを読んでいる方々は知って頂いていると思うけれど、僕が記事文中で「おすすめ」と書いた展覧会は本当におすすめです。そいういうのしか、決して「おすすめ」とは書かない、と決めているのです!
 そして、この展覧会はおすすめと言えるでしょう。楽しめる展覧会だと思います。


 ※印象派について知りたい方は、過去に書いた印象派講座の記事をどうぞ♪



[メモ]
国立新美術館 (六本木)
9月5日まで
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/936
TRACKBACK