アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< しゅっ | main | ああ、新年の最初の月だというのに! >>
2011年が過ぎ行く
 またブログはご無沙汰になってしまいました。
 お久しぶりです。お元気でしょうか?

 僕は、29日に仙台へ帰仙しました。個展が迫ってきているので、そんなにのんびりは出来ないけれど、でも個展前最後のチャージをしていきます。

 さて、もう後は大晦日で2011年も終わるというこの時になって、僕はついに津波被害の酷かった地域へ行ってきました。

 前から行きたかった。でも、見学に行くような場所じゃない、実際被害にあった方々に失礼だ、という気持ちがあって今までどうしても行けなかった。
 でも、この年の瀬になって、来年へと、2011から2012へと数字が進む直前になって、どうしても2011年のうちにこの今年である2011年に何が故郷に起こったのかを見ておきたくなった。絵描きとして、1人の表現者として、今年のうちに直視しておく事がとても大事な事に思えてきたのだ。いや、表現者である以前に、1人の人間として、仙台に生まれたものとして、大事なことに思えてきたからである。

 そういうわけで、車で閖上へと行ってきました。
 以下は、その写真です。
 込み上げてくる涙。ただ呆然と見渡す荒れ地。
 復興してゆく華やかな都市部の光の影にある、今この瞬間の現実をお伝えできればと思います。
 そう。光もあれば、影もまた必ずあるのです。

2011.12 閖上1

2011.12 閖上2

2011.12 閖上3

2011.12 閖上4

2011.12 閖上5

2011.12 閖上6

2011.12 閖上7

2011.12 閖上8

 改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、2011年が時間のふるいによって風化していかない事を強く望みます。
 そして、来年が、皆さんにとって明るく希望に満ちたものになる事をお祈りします。
 みなさん、良いお年を。

スポンサーサイト
改めてつきつけられると、言葉がでてきません。
昨年末、宮城の友達が東京に遊びに来てくれたとき・・海岸沿いの話がでて、
「小さい頃に家族で海水浴とか行ったり、みんなで泳ぎに行った海岸が・・・全部・・形すら残ってないよ。全部だよ!」
と話してくれました。
思い出までも亡くしたようで、涙がでました。

今年もよろしくお願い致します。
泉 りん。 | 2012/01/05 17:25
◆泉 りん。さん

お返事が遅くなりました。

そうですね。言葉が出ないとは、まさにこういうことを言うのだと思います。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願い致します。
素敵な一年になりますように。
Yuta | 2012/01/08 22:56
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/943
TRACKBACK