アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あけましておめでとうございます | main | 『加藤雄太・彩子 結婚式展』本人レポ >>
今月の気になる展覧会
 行きたい展覧会、気になっている展覧会を、こうして定期的にメモとして公開しようと思う。

・『O JUN 展』@府中市美術館(〜3/2)
・『小山登美夫ギャラリーグループ展』@TOLOT/heuristic SHINONOME(〜3/1)
・『田中一村展』@永井画廊(〜1/30)
・『ブリティッシュ・カウンシル・コレクション』@東京ステーションギャラリー(〜3/9)
・『ラファエル前派展』@森アーツセンターギャラリー(1/25〜4/6)
・『ミヒャエル・ボレマンス:アドバンテージ』@原美術館(〜3/30)
・『ミヒャエル・ボレマンス Girl with Hands』@ギャラリー小柳(〜3/1)
・『ヴォルフガング・ティルマンス』@WAKO WORKS OF ART(〜3/22)
・『シャヴァンヌ展』@Bunkamura ザ・ミュージアム(~3/9)
・『衣川明子』@アラタニウラノ(1/25〜2/22)

 出来れば、全部行きたいけど、とりあえず現代アート系を優先かな。

 結局ね、コンテンポラリー。現代アートだよ。
 今、アーティストとして生きる以上、制作、発表を続けたいと思うなら、過去の美術史を知った上で(ここ重要!)、現代アートを観て、そして、どうしたってその世界の中心へ向かって、揉まれ、サヴァイヴするしかない。
 僕が、学生時代から、そして卒業してから、10年強アートのこと考え続けて痛感している事実です。

 過去に、自分の胸がときめくイデオロギーやナントカ主義とか潮流があったとして、僕だってあるし、それはそれでいいんだけど、アーティストとしてそこに生きることは出来ない。それは終わったことだから。学者や研究者なら話は違うんだけど、アーティストならば作品を生み出すのは「今」なのだから。過去に生きるのでも、過去を繙くのでもないわけで。

 作品を周知させたいし、残したい。
 知れば知るほど、恐ろしい世界なんだけど、ワクワクしてる。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yutakato.jugem.jp/trackback/967
TRACKBACK