アーティスト 加藤雄太 のブログ
展覧会のレヴュー、本の感想、その他制作の日々の模様など。
ホームページは yutakato.com 作品掲載してます。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011年が過ぎ行く
 またブログはご無沙汰になってしまいました。
 お久しぶりです。お元気でしょうか?

 僕は、29日に仙台へ帰仙しました。個展が迫ってきているので、そんなにのんびりは出来ないけれど、でも個展前最後のチャージをしていきます。

 さて、もう後は大晦日で2011年も終わるというこの時になって、僕はついに津波被害の酷かった地域へ行ってきました。

 前から行きたかった。でも、見学に行くような場所じゃない、実際被害にあった方々に失礼だ、という気持ちがあって今までどうしても行けなかった。
 でも、この年の瀬になって、来年へと、2011から2012へと数字が進む直前になって、どうしても2011年のうちにこの今年である2011年に何が故郷に起こったのかを見ておきたくなった。絵描きとして、1人の表現者として、今年のうちに直視しておく事がとても大事な事に思えてきたのだ。いや、表現者である以前に、1人の人間として、仙台に生まれたものとして、大事なことに思えてきたからである。

 そういうわけで、車で閖上へと行ってきました。
 以下は、その写真です。
 込み上げてくる涙。ただ呆然と見渡す荒れ地。
 復興してゆく華やかな都市部の光の影にある、今この瞬間の現実をお伝えできればと思います。
 そう。光もあれば、影もまた必ずあるのです。

2011.12 閖上1

2011.12 閖上2

2011.12 閖上3

2011.12 閖上4

2011.12 閖上5

2011.12 閖上6

2011.12 閖上7

2011.12 閖上8

 改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、2011年が時間のふるいによって風化していかない事を強く望みます。
 そして、来年が、皆さんにとって明るく希望に満ちたものになる事をお祈りします。
 みなさん、良いお年を。

しゅっ
 ブログのことはちゃんと気にかけていますが、ちょっと最近ピンポイントでホントに忙しい。

 忙しいって言葉は嫌いなんだけど。
 「心」を「亡くす」と書いて「忙」。
 時間は生み出すものだしね。相対的なはずです。

 でも、キャパシティーの少ない僕には忙しいのだ……。
復活
 皆さん。お久しぶりです。
 ブログ書く書くと言いながら、なかなか書けない、いや、書かない最近でした。

 そして、突然思ったんですね。「そうだ。ブログを書こう」、と。

 今までTwitterとかにかまけてかまってあげなくてごめんね、ブログくん。
 これからは、もっとちゃんと書くよ。

 ということで、心機一転、blogリハビリしながら徐々に復活でーす。
 よろしくお願いします。

地震後に仙台へ帰ったときの画像
 これをアップして、漸く心機一転でブログを再開できる気がする。


 2011年4月14日。高速バスにて仙台着。

 早速、バスを降りて早々に仙台駅東口にて。
仙台震災01

 仙台駅。
仙台震災02


 4月15日。実家周辺散歩。

 近所の階段。
仙台震災03

 影になっているけれど、隙間が空いている。
仙台震災04

 地面が動いて引っ張られたのだろうか?
仙台震災05

仙台震災06

 この写真、道路が盛り上がっているの分かるかな?
仙台震災07

 別アングルで。
仙台震災08

仙台震災09

仙台震災10

 隙間があるし、液体が滲んでいる。
仙台震災11

仙台震災12

仙台震災13

仙台震災14

 実家の下の壁。もう補修されていたが、縦にクラックが入っていた。
仙台震災15

 公園にて。瓦が降ってくるため。
仙台震災16

仙台震災17

仙台震災18

 桜のつぼみ。そういう時期だった。
仙台震災19

 壁にひび。ちなみに、この小児科の看板は僕の母が書いた。
仙台震災20

仙台震災21

仙台震災22

仙台震災23

 実家の庭。
 僕が着いた時点で既に補修が終わっていたが、亀裂が入り、地盤が下がっていたそうだ。
 土が新しいので、埋めたのが分かる。
仙台震災24

 地盤が下がっていたので、傾いてしまった。奥の石油タンクも傾いていたらしい。
仙台震災25

 窓から外を見ると、こんな家も。ちなみに、元々は塀もあったのだけれど、綺麗に無くなっている。
仙台震災26

 4月16日。
 お寺の桜。とても綺麗だった。
仙台震災27

仙台震災28

 でも、境内へ行くと。
仙台震災29

 青いビニールでくるまれているのは鐘。根こそぎ無くなっている。
仙台震災30

仙台震災31

仙台震災32

 これは、古川市の町中。
 車から撮影したので、この1枚のみだけれど、この辺は被害が酷かった。
 家とか、建物自体が崩れたりとか、多く見られました。
仙台震災33

 4月18日。仙台市内を歩いてみる。
 活気があったけれど、よく見ると、色々なところに爪痕があった。
仙台震災34

仙台震災35

仙台震災36

東北地方太平洋沖地震
 前回の更新から、大きく間が空きました。
 この間に、実に様々なことがありました。

 3月11日から1ヶ月が過ぎ、今なら当時を思い出して、回想出来ると思う。

 3月11日。僕は、池袋の西武百貨店内でアルバイト中だった。
 3階の百貨店の巨大な屋内駐車場の脇の小さな通路で作業していたら、ゆっくりと揺れ始めた。
 最初は、地震か、程度にしか思わなかったけれど、ゆっくりとした揺れは静かではあるけれど大きく動いていたように思う。それがしばらく止まず続いた。次の瞬間、揺れは激しくなった。
 ここの駐車場は、百貨店などの駐車場に典型的なコンクリートの柱や天井でできている。それが激しく上下にうごめきながらメキメキと音を立て、粉塵が舞い、天井はかけてパラパラと降ってくる。
 バキバキっと周囲の壁やコンクリートが音を立てる。
 27年間、地震大国日本で生きてきたが、そんな経験は吹っ飛び、恐怖を感じた。
 波打つ駐車場と破片が降ってくる駐車場を見たときは、正直、このままこの古い建物は崩れて瓦礫に埋もれて死ぬのだろうかとも思った。
 たまたま近くを通りかかった見知らぬ他の女性社員たちは、悲鳴を上げている。
 冷静にじっとしていることに専念するしかやることがなかった。

 この時思ったのは、ついに兼ねてから言われていて、たまにテレビで特集などを見たこともある、東京の大地震が来たのだ、ということ。
 しかし、揺れが収まり、休憩中に食堂のテレビで報道を見てきた社員とたまたますれ違ったので聞いたところによると、震源は宮城県沖だという。しかも、震度は7であると。
 その知らせは、僕を不安と心配のどん底に、一瞬にして突き落とした。
 遥かに遠い東京でこれだけ揺れたのに、震源のすぐ側の仙台では、一体どんなことになっているのだろうと。もう泣きそうだったよ、この時ばかりは。
 僕の実家は仙台である。

 悪いけれど、仕事どころじゃないので、電話をかけまくる。
 当然つながらない。

 そうこうしているうちに、先程と同じくらいの強さの余震。

 でも、幸い、父と電話が繋がり、家族の無事が確認出来た。
 あぁ、安堵とはこのことを言うのだろう。

 お店は間もなく営業を終了し、僕は歩いて家路についた。
 外に出ると、池袋の街中は、人で溢れている。
 中山道を通り、ひたすら北上する。
 多くの人が歩いて帰路についている。道路は車が連なり、歩くのとどっちが速いか分かったものではない。
 疲労と心配とショックで、ものすごい頭痛に襲われながらも、約2時間半かけて、埼玉の自宅へと辿り着いた。

 テレビをつけて見たのは、映画としか思えないような、悲惨な映像ばかり。もう皆さんもご存知の映像である。

 僕も、僕の家族も、親戚も、友人も、友人の家族も、無事だったことが確認できて、本当にその点は良かったと思う。
 今回のことで、思ったこととかは色々あるけれど、まずはここまで。
 無事です。

 そして、明日、仙台へ帰ってみようと思います。何ができるかわからないけれど。でも、今、故郷の地を踏むことが、非常に重要な気がしているのです。
そうこうしているうちに
 もうクリスマスも終わり、一気に年末そして新年へと向かう時期ですね!

 復帰して前回の記事を書いてから、今度は風邪を引いてしまい、長らく体調を崩しておりました。
 そんなこんなで、結局更新もままならず、展覧会レヴューとかなかなか書けずにきてしまったですよ。すいません…。

 無事、体調も回復してきたし、今夜くらいからは時間が取れそうなので、年の瀬の締めとしてってわけでもないですが、いくつか記事書いていって今年を締めくくろうかと思うので、是非今年の残り僅かな時間もおつき合い下さいませ。
ご無沙汰です
 最近は色々とばたばたしていました。
 仙台に帰ったりして、先日戻って来たばかりです。

 12月はまったりと行く、などと言ったけれど、ようやく落ち着けそうかな、と言う感じです。

 ブログも復活します。
 記事にしたいことも書けずにいたので、ちょっとずつアップできればと思います。

 とりあえず、ご報告まで。
ばたばたしてました
 ちょっと更新がとびとびですね。結構忙しくしていて、滞っちゃってごめんなさい。

 とりあえず最近の出来事としては…

 告知していた美術鑑賞講座の1回目が無事終了しました。
 非常に好評で、ビデオ撮影されていた方もいました。
 1回目は、ゴッホとゴーギャンの話をしたのですが、かなり濃密な内容になったのでは、と思ってます。

 あと、行っていた展覧会は…

展覧会『マーク・グロッチャン』
 『マーク・グロッチャン』展@カイカイキキギャラリーとか。

展覧会『ULTRA003』
 ディレクター単位で出展するアート・フェア『ULTRA003』とか。
 これは、去年よりずっと良かったです。事情あって、前期のOctorber sideしか行けなかったんだけれど、面白かったなぁ。

 他にも、ギャラリーとかいくつか巡りました。
 中でも、つい先日からギャラリー小柳で始まった『池田亮司展』はカッコ良かったです!
 超細かい数字の海。
 ギャラリー椿GT2の『高木さとこ』展も良かった。

 他にも観ていて、美術館クラスでは、新宿初台のICCで見た『OPEN SPACE 2010』と上野の国立西洋美術館の『アルブレヒト・デューラー』は、改めて独立した記事にしようと思う。
 近いうちに書きますっ!

映画『ハーブ&ドロシー』
 たしか昨日からかな、以前、先行上映を観て紹介した映画『ハーブ&ドロシー』が一般公開始まりました。
 なんでも初回はそく満席で、その後の上映も行列とのことです。
 おめでとうっ!と言いたいです。
 まだの方は是非。


 とりあえず、こんなところでしょうか。
 明日はバイト後に知り合いの作家さんたちのグループ展のオープニングへ行ってきます。
 そして、次の美術鑑賞講座後編へ向けて準備をせねばっ!
公民館文化祭
 今日は、日本画木曜会の授業の日ではなかったのだけれど、公民館へ。
 というのも、明日(金曜)から公民館で毎年秋の恒例の文化祭が始まるからだ。当然、我が日本画木曜会も参加するので、会場設営してきました。

 今年も1作品、僕も展示することに。
 しかし、今日は生憎の雨。この中作品を持って行くのか……。と、途方に暮れそうになるが、一気に秋めいた空気の中、作品を手に駅へ。しっかりと梱包して、小雨対策。
 流石に、向こうの駅からはタクシーを使った。

公民館文化祭2010

 去年よりも、飛躍的に作品のグレードが上がった気がします。

 講座が始まって2年と少しですか…。
 まだそれしか経ってないのか〜、というくらい、長く教えている気がする。
 展示した作品を観て、着実に上達しているので、なんか感慨にふけります。

 兎に角、良い経験させてもらってます。

 ちなみに、どしどし新メンバー募集中なので、興味のある方はご参加下さい!


[文化祭詳細]
10月22日(金)〜24日(日)
9時〜16時(日曜は15時まで)
会場:岸町公民館(さいたま市浦和区岸町5-1-3)
個展の写真
 ホームページをリニューアル後、過去の展覧会の会場風景の画像コーナーがなかったのですが、ついに復活させました。
 で、とりあえず、今回の個展の画像を沢山アップしておいたので、どうぞご覧下さい。
 「Photos」というコーナーです。